住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

見積もりがおおまかすぎる

注意が必要な住宅リフォーム業者としては、見積書を出してくれるかどうかがあります。ですが、たとえ見積書を出してもらったとしても、あまりに見積もりがおおまかすぎる業者も避けた方がいいでしょう。たとえば、見積書を見ると、【住宅リフォーム代金】、【消費税】、【合計金額】しか記載していないケースもあります。これでは、材料代がどれくらいかかって、工事費用がいくらなのかがまったくわかりません。もし、ほかのリフォーム業者に見積書を提出してもらったとしても、比較のしようがありません。できることなら、使用する材料の商品名、品番、こういった材料はどこに使用するものなのか、というところまで細かく記載している業者が望ましいでしょう。

 

また、見積もりがおおまかすぎると、その費用に含まれていない【別途工事費用】がかかることもあります。例えば、電気やガス、水道などの工事費用、不要になった廃棄物の処理費用などがあります。見積もりが大まかだと、これらの費用込みなのか、それ以外にその費用がかかるものなのかがわかりません。最終的な請求が来た時点で、見積もりよりもはるかに高い金額を請求されることにもなるでしょう。

 

よく「実際に工事をしてみないと、材料がどれくらい必要になるのか分からないので」と言ってくる業者もあるかもしれません。そう言われた時点でリフォームの依頼はお断りした方がいいでしょう。仮にもリフォームのプロと名乗っているのですから、ある程度使う材料の数や種類は話をした時点で検討がつくものです。それがやらなければわからないような業者は、信頼できるわけがありません。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市