住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

打ち合わせをしない

リフォームをする場合には、どこをどうリフォームしたいのかを明確にリフォーム業者に伝えなければいけません。一口にリフォームと言っても、その範囲は人それぞれです。そのため、しっかりとリフォーム業者と打ち合わせをしておかなければいけません。ですが、しっかりとこちらの意図を伝えておかないと、『ここまで壊してもらいたくなかった』とか『勝手にこんなところまで変えてしまった』というようなトラブルを招くことになります。見積書に明確に記載されていても、それは費用的なことですから、打ち合わせとはちょっと違います。同じ費用でも、仕上がりはまるっきり変わってきてしまうのです。ですから、打ち合わせをしないでどんどん作業を始めようとする業者だったら、しっかりと打ち合わせを要求しましょう。

 

また、リフォーム業者によっては、打ち合わせを嫌がるところもあります。もちろん、契約をしていざ作業をするというなら打ち合わせを綿密にするでしょうが、契約もしていないのにそんな細かいところまで話が出来ない、時間の無駄だと嫌がる業者もいます。「こういった詳細は契約されてからになります」というようなことを言われた場合には、そのリフォーム業者は切ってしまってもいいでしょう。たしかに、リフォーム業者からすれば、契約してくれるかどうかわからないのに、わざわざ細かい話しまでするのはムダかもしれません。ですが、本当にお客様の気持ちを最優先してくれるようなリフォーム業者なら契約する、しないに関わらず、親身になって「ここはこうした方がいいと思いますが」とか「こういった部分は、どのようなお考えですか?」というように、こちらから伝えなくても聞いてくるはずです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市