住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

資格がない

家を建てる場合には、その建築業者は建設業としての許可が必要になります。そのため、家を建てる業者は建築方法や費用の差はあるものの、どこでもこの許可があるのです。じゃあ、住宅リフォーム業者も許可が必要だろうと思うかも知れませんね。ですが、じつは家全体を大きくリフォームするようなおおがかりなリフォームでなければ、建設業の許可がなくてもできるのです。一部例外がありますが、工事費用が500万円未満の工事であれば、建設業の許可がなくてもできてしまうのです。そして、建築士の資格がなくても簡易なリフォームであればできてしまうのです。

 

大工さんや工務店、住宅メーカーなどのようなメインの仕事が家を建てること、というような業者も場合によっては問題がありませんが、なかには家を建てる資格がない業者がリフォームを請け負っているところもあるのです。これは、小規模なリフォームに資格はいらないということになっていますので、何も違法な事をしているわけではありません。ですが、できれば資格がないようなリフォーム業者は避けた方がいいでしょう。

 

もちろん、壁紙を張り替える、屋根の葺き替えをするというような、建物の骨組みに関係する部分でなければ資格がなくてもいいかもしれませんが、壁を取り壊す、ちょっと間取りを広げるというようなリフォームの場合には、耐震性の問題が出てきますから、やはり資格がない業者は避けるべきでしょう。壁紙を張り替える簡易なリフォームでも、インテリアコーディネーターやカラー子ディネーターなどの資格がある業者は逆にオススメかもしれません。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市