住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

建築許可の有無

リフォームをおこなう場合には、どこをどのようにリフォームするのかを明確にすることです。そうすれば、必要なリフォーム方法もおのずと見えてくるでしょう。もしも、自分が思い描いたリフォームが比較的大掛かりなものであるならば、リフォーム業者もある程度絞らなければいけません。まずチェックポイントとしては、そのリフォーム業者が建築に関する許可を持っているかどうかでしょう。

 

簡易なリフォームであれば、実際建築に関する許可がなくても作業することは可能です。違法ではありませんから、資格がなくても誰でもできるものなのです。比較的大掛かりなリフォームでも、条件によっては建築に関する許可がなくてもできてしまいます。ですが、強度の面などを考えれば、建築に関する許可の有無は重要になります。もちろん許可がなくてもできるということは、法的には強度は問題ないという見解でしょうが、やはりそれでも知識やノウハウがあるリフォーム業者と、資格もなく無知なリフォーム業者ではやはり信頼性が変わってきます。もしも、複数のリフォーム業者から、依頼するリフォーム業者を選ぶ場合は、建築に関する許可がある業者を選んだほうがいいかもしれません。費用的にはもしかすると許可のない業者の方が安いかもしれません。もちろん、大幅に違っており、しかもリフォームする内容が建物の強度にほとんど関係のないものであるならば、安い方でもいいかもしれません。もしも、ちょっとでも建物に関係するなら、許可のある方がいいでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市