住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

リフォームに関する資格の有無

リフォームをする場合のチェックポイントとして、リフォーム業者がどのような資格を持っているのかも確認してみるといいでしょう。

 

リフォームに関する資格としては、最も考えられるのが建築士でしょう。比較的小規模なリフォームの場合には、建築士の資格がなくても作業する事は出来ます。ですが知識として、建築士の資格がある方がいいでしょう。建築士と言っても、種類があり、一級建築士、二級建築士、木造建築士などがあります。それでも比較してみてもいいでしょう。

 

またリフォームに関する資格は建築士だけではありません。その他には、床や天井、壁、照明、家具などの色や素材、配置、組み合わせなどをアドバイスしてくれるインテリアコーディネーター、キッチンスペースをリフォームする場合にはキッチンスペシャリストなどの資格もあります。また、バリアフリーや手すりなど高齢者や障害者に向けたリフォームをする場合には、必要な設備・環境だけでなく、受けられる助成金やサービスなどのアドバイスしてくれる福祉住環境コーディネーターなどの資格もあります。

 

おおがかりなリフォームをしないのだから資格はなくてもいいだろうと思うかもしれません。もちろん、資格がなくても満足のいくリフォームをしてくれればいいのですが、やはり実際に完成してみないと、センスやデザインなどは分からないでしょう。それを見極めるために資格の有無を確認することも大切です。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市